とある事情で不注意から HP folio 1020 G1 のマザーボードがお亡くなりになり、
修理・復旧したメモ。

1) 同機種マザーボードの入手
 ヤフオクにて「難あり」(BIOSパスワードロック品)のマザーボードを格安にて入手。
2) とりあえず組む。
3) 試しに電源ONしてみると、電源は入るが、確かにBIOSパスワードロックがかかっていて
 OSは起動できない状態。
 予想通りだが、修理前の電源すら入らない状態からは一歩前進。

ここからが本番。
※何があっても自己責任。

4) まずは、おまじないみたいなもんだが、CMOS情報をクリアする
 4-1. PCの裏カバーを外す。
 4-2. マザーボードからバッテリーコネクタを外す。
   注記)このとき金属製ピンセットやドライバーで誤ってMB基板とバッテリー端子
      などを短絡してしまうとMBがお亡くなりになる可能性があるので、
      爪以外のバー等を使う際は非導電性のものを使う事。
      前回はこれで失敗してMBを壊した。
 4-3. マザーボードからCMOS電池コネクタを外す。
 4-4. この状態でPCの電源ボタンを長押しする(念のため1分以上押したまま保持)。
   これでMBにあるCMOS情報がクリアされるはず。
 4-5. TPMとか
   HP folio 1020 G1 はTPM技術といわれるセキュリティー機能がMBに内蔵されて
   おり、BIOSパスワード情報もれに含まれている。なので、CMOS クリア
   しただけではBIODSパスワードがかかったままなのだ。
   HP TPM

   以下の方法が適切なのか他のHP PCでも通用するのかまったくわからないが、
   とりあえずこうしたらTPMのBIOSパスワードがリセットできたという方法。

   4-4. でCMOSクリアされた状態で, AC電源のみ接続して(バッテリー、CMOS
   電池は外したまま)PC電源ON。
   CMOS情報が失われたとのメッセージ画面が出る。
   ただ、この状況では再度電源ONするしか選択肢はない。

   ・再度電源ON。
   ・F10キーを押す。
   ・BIOSセットアップメニューにUSERとして入るかどうか聞かれる。
    ここで、もし「いいえ」を選択してしまうと、管理者としてメニューに入る
    ことになり、結局は管理者パスワードを促す画面になるのでUSERとして
    メニューに入る。
   ・BIOS設定を工場出荷状態に戻す
    BIOS F10
   ・変更を保存して再起動
   ・TPMをリセットするかの同意画面が出る(F1キーで accept )
   ・accept後、BIOSパスワードを聞かれることなく起動した。
   ・電源OFF して、CMOS電池コネクタ、バッテリーコネクタをMBに接続。
    (短絡注意)

以上。
他のHP PCでも機能するかどうかまったく不明。繰り返すが、自己責任で。